So-net無料ブログ作成

会社をやめたらその後にやること【企業年金「確定拠出年金」(DC) 】 [話題]


こんなニュースが流れてきました。

・・・・・・

社員が掛け金を自己責任で運用する

企業年金「確定拠出年金」(DC)のある会社を退職後、

自分の積立金を放置している人が2013年度末時点で

43万5677人に上ることが国民年金基金連合会の調べで明らかになった。

10年前の47倍で、積立金の移行手続きをした人(41万8775人)を上回る。

積立金は半年以上放置すれば運用されず、

毎月管理手数料を引かれて老後の年金が減っていく。

・・・・・・・・・・

というニュースがありました。



どうして、放置される原因として、

積立金の移行時に金融機関や金融商品を

自分で選ばなければならない手続きの煩雑さなどが

あるとみられているようです。



では

企業年金「確定拠出年金」(DC)のある会社を退職した場合

そのごどういう選択があるか調べてみました。


* 新・勤務先に401kがあれば、自分の年金資産を非課税で持ち運び、

   新しい勤務先から掛金を追加していくことができます。




* 新・勤務先に401kが無ければ、自分の年金資産を非課税で

   金融機関の個人型に移し、

   自分で掛金を追加(所得控除)することができます



* 追加の掛金を払わないことを選ぶか、

  掛金を払うことに加入資格上制約がある場合、

  または60歳に到達した場合、個人型に年金資産を移した上で、

  非課税の運用を続けていくことができます




* 加入資格上の制約から、

  退職後に継続して掛金を積むことができない場合

  (例、資産が50万円以下で主婦になる場合)や、

  個人型に資産を移しても掛金を積まずに2年以上経過した場合など、

  条件を満たした場合に脱退一時金を請求して

  年金資産を受取ることができます




* 移換の手続きをしないで6ヶ月間放置すると「自動移換」となり、

  手数料がかかる上に資金が運用されずに現金で

  保管されるため利子や配当もつかず、加入期間にも通算されません。

  60歳になっても「加入期間不足」で受取ることができない場合もあります。



せっかくの年金の3階部分であるこの確定拠出年金を


老後の生活に、役立てたいものですね。







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。